出産体験記

出産〜退院までって具体的に何をするの?その疑問にお答えします!

退院したら赤ちゃんのお世話でゆっくりする暇なんてないから入院中に最後のゆっくりタイムを過ごそうと思っていました。

がしかし、身体を休めようと寝ている最中にも何かと邪魔されて落ち着いて寝てられない!入院中ってもっと暇なのかと思ってた…。

そんな出産から退院まで4日間のスケジュールについてお話しします。

出産当日。夜中の出産だった為あっという間に朝

AM1:00頃に出産をして分娩室で2時間休み病室に戻ったのはAM3:00頃。

出産で神経が高ぶってなかなか寝れずベッドでうとうとする程度でした。

そんなことをしているとAM6:30には検温の時間で起こされてほぼ眠れないまま1日が始まりました。

出産後ってゆっくり寝れるイメージだったけどよく考えてみれば何時に産もうと病院のスケジュールは全員同じ。夜中に出産した私は疲れたまま朝を迎えることになりました…。

その後はAM7:00に朝食が運ばれてきてよく見ると「衛生上の観点から2時間以内にお召し上がりください」というメッセージが。

そうか、1回寝ようなんて考えた私が甘かった…。分娩での筋肉痛と会陰切開の痛みで動きたくないけど朝食が置かれたテーブルは立ち上がらないと届かない場所…。

恐る恐る立ち上がって朝食を持ち上げようとしたら腹筋に力が入らず、さらに器が全部陶器なもんだから重くて持てない…。

お皿をひとつずつ持って会陰の傷跡が痛くないようにベッドに腰掛けて朝食タイム。そんな食べ方をしていると1時間なんてあっという間。

そんな状況に追い討ちをかけるように、歩ける人は自分で下膳してくださいとのこと。無理だわ(笑)ということで旦那がきてから旦那に下げてもらいました。

朝食後は一旦寝ようとベッドでウトウト…。

寝れそうなところで今度は子宮と会陰切開の状態を確認しに助産師さんがやってきました。産後疲れているところ起こされるのは正直身体にこたえます…。

傷跡などを確認してもらって今度こそ寝れるかと思ったら産院の院長さんがやってきて「出産おめでとうございます」と一言。院長さんは優しくてとても丁寧で良い人なので嬉しいけど身体が辛い…。

再び寝ようかと思ったら今度は病室の掃除で清掃員の人がやってくる。
なるほど、そういうスケジュールなのね。

寝たくても産後は疲れから微熱が続き頭はボーッとするし、いつもより脈が早くて気になって寝れないしで気付けばお昼。朝と同じように傷の違和感にビビりながら昼食を食べる。全ての動きがスローなので何をするにも時間が掛かる。

お昼ご飯食べ終わったところで両親が面会にやってきて1時間ちょっと話して解散。この時点ですでにPM3:00くらい。

今度は旦那のお母さん達の面会もはや夕方です。(すぐに帰ってくれたので助かったけど)

夕食の時間までベッドでゴロゴロ。夕食をのんびり食べてPM9:00になると面会時間も終わって病院がシーンと静かに。やっと邪魔されずに寝れる時間やってきました。

出産から1日後、母子同室スタート!シャワーも解禁。

前日と同じくAM6:30の検温と7:00からの朝食を済ませるとAM11:00頃から母子同室がスタートしました。

病室に看護師さんが我が子を連れてやってきて赤ちゃんの抱き方や授乳の仕方、げっぷの出し方など一通りを教えてくれます。説明が終わって看護師さんが病室から出て行くともう赤ちゃんと2人っきりです。

赤ちゃんをジッと眺めながら分娩の時を思い出して感慨深い…。それもこのときくらいしかできない貴重な時間でした。

赤ちゃんのお世話は産後の疲れに加えて慣れない抱っこや授乳によって身体の色んなところが痛くなりました。特にひどかったのが首こり。赤ちゃんのお世話は下を向いてばかりなので首こりが辛かった…。

そしてこの日からシャワーOKの許可が出たので赤ちゃんを預けてシャワータイム。疲れた身体に温かいお湯が気持ちいい…。でも立ちっぱなしでシャワーは正直疲れます!お腹に力が入らないせいでドライヤーも辛かった。

赤ちゃんのお世話をしながら休める時に横になる。そうやって少しでも休むしかありません!日中は旦那がいたので一緒に赤ちゃんのお世話ができたけど夜になったら1人でやらなきゃいけない。

日中は赤ちゃん素直に寝てくれるし、この調子なら大丈夫だろうと思ったその夜。

赤ちゃんが何をしても泣き止まない…!

どうしたらいいか分からずナースコールで助けを求める。看護師さんが来てくれて哺乳瓶の乳首にティッシュを詰めておしゃぶりのようにする事を教えてくれました。

とりあえずギャン泣きは落ち着く。でも赤ちゃんの口に乳首をくわえさせるように手でずっとおさえてなきゃいけないのは無理だよねということで、ちょっと早いけどミルクを飲ませることに。

看護師さんが「これで泣き止むと思うから〜」とミルクを持ってきてくれました。これで安心と思いながらミルクを与える。

ところが泣き止まない…!抱っこしてあやす。ひたすら抱っこであやす。

そりゃ突然外の世界に出てきて不安だよね。人間なんだからミルク飲んだら寝るなんて型通りにいくわけないよ。

気がついたら窓から朝日が差し込んで鳥の鳴き声がチュンチュン聞こえる。抱っこしたまま寝れずに朝を迎えました。初日からこれは辛い!メンタルは平気でも身体がしんどい…。

でも抱っこで泣き止んでくれてママはちょっと嬉しいよ。

赤ちゃんとの初めての夜はこうやって2日目に突入したのでした。

出産から2日後、沐浴見学と調乳指導

いつも通りAM6:30の検温と7:00からの朝食を済ませると午前中は沐浴見学、午後に調乳指導がありました。

沐浴見学は看護師さんが人形を使って沐浴しているところを見ながら説明を受けるだけでした。産後ボロボロの身体で沐浴体験させられたら辛いなと心配だったけど見てるだけでOKだったので一安心。

調乳指導は病院で使っているミルクのメーカー営業さんから説明を受けます。ミルクの種類や作り方、災害時に役立つ知識などを教えてくれます。

ちなみにこのとき赤ちゃんは新生児室で預かってくれます。見学や説明が終わったら赤ちゃんを迎えに行ってまた自分の病室に戻る感じです。

シャワーの時間はPM5:00までと決まっていたのでタイミングを見て入らなければいけません。赤ちゃんのお世話をしながら他のことを済ませていると1日なんてあっという間。

面会時間が終わって旦那が帰ったところでまた赤ちゃんと二人っきりの夜がスタート。今日の夜はいったいどうなるんだろう。昨日の夜寝れなかったこともあり疲れはピークに。

でもここで親孝行な我が子!

なんとこの日の夜は授乳後はしっかり寝てくれて気がついたら3時間寝てたという奇跡も。3時間でこんなに疲れがとれることに感動しました。

出産から3日目の朝はスッキリ迎えられました。

出産から3日後、採血と退院指導

この日はAM9:00に採血をした後に退院指導がありました。

退院指導は退院してからのママの身体のことや1ヶ月検診の前に心配なことや相談したいことがあったらどうすればいいかなど、実際にあった話などを交えながら丁寧に説明してくれました。

もう明日の朝には退院です。正直、入院中の方がハードスケジュールなので早く家に帰りたい気持ちでいっぱいでした。それに加えて苦手な看護師さんがいたりしてストレスも溜まってきました…。

出産から4日後、ついに退院。

いよいよ退院です。いつもは検温でAM6:30に起こされるのですが、この日は検温の時間より30分早く起きて採尿と血圧・体重を自分で測定して提出。

そしていつも通り検温、朝食を済ませると退院診察があります。退院診察は内診をしてその場で退院OKと言われて終了。

そして病室に戻って退院準備。入院中にお菓子をもらったり授乳クッションを買ってきてもらったりで入院時より荷物が増えて結構大変でした。

赤ちゃんを抱っこしながら久しぶりに外の空気を吸って外がこんなに気持ちいいのかと。これからしばらく外出できなくなるけど、外出できないストレスってこうやって溜まっていくんだなと感じました。

入院生活の感想

入院中って暇なのかな〜と思っていたけどそんなことなかった!日中は赤ちゃんの約3時間おきの授乳に加えて他の予定もたくさんあるのでまとめて寝ることが出来なくなります。

ちなみに入院中、私は微熱が出る程度で済んだので母子同室を乗り越えましたが、ママの具合が悪い場合は赤ちゃんを預かってくれるので安心してください。

出産前は産後4日目に退院しなきゃいけないのは身体の面で辛そうだなと思っていたけど実際に過ごしてみると4日目退院で良かったなと思います。それ以上入院生活が続いてたらストレスが溜まってひどかっただろうなぁ。

ABOUT ME
あめこ
あめこ
田舎で気ままに育児中のマイペース母。娘を寝かせたら甘いもの片手に海外ドラマを見るのが夜の楽しみ。 「なるようになるさ!」と明るく過ごせるように心がけています。