日々の育児

退院後に赤ちゃん中心の生活にイライラしても自分を責めないで!実母の一言にハッとする。

無事に赤ちゃんを出産して安心している時間はあっという間に終わり、退院したらすぐに生活は赤ちゃん中心へガラッと変わります。

いつ泣くか分からない赤ちゃんに全てを合わせることは慣れが必要ですし、それまで簡単にできていたことができなくなります。

産後で身体も万全じゃないのにそんな生活にストレスが溜まることも。

私もそのひとりでした。

思い通りにいかない。でも当然。

出産する前は「赤ちゃんが寝たら自由な時間」と思っていました。

赤ちゃんが寝たら用事を済ませればいいんでしょ?新生児ってよく寝るから大丈夫でしょ〜。なんて思っていると大変。

そもそも赤ちゃんってそんな簡単に寝ない…!

出産して入院中に母子同室だったとき、少なくとも昼間は本当にぐっすり寝てばかりでした。なのでこれが基本スタイルだと思ってしまいました。

しかし、生後1週間くらいから授乳の後も目がパッチリ!なんてことが増えました。

そして寝たいのに寝れなくて泣いちゃったり、やっと寝たなと思ってもまた泣き始めたり。こういう時は抱っこで安心させて寝るのを待つしかありませんでした。

ご飯を食べようと思ったら泣き始める、少し横になろうと思ったら泣き始める、ブログの記事書いてる時に泣き始める…などなど。

言葉が悪いですが「邪魔される」と感じてイライラすることも。お願いだから寝てくれー!という気持ちで接してました。

でも寝たかと思えば今度は「ちゃんと息してるよね…?」と不安になったり…。ママの気持ちは本当に複雑。

こういう気持ちになってしまうママって多いと思うんです。

慣れない育児と疲れた身体で精神的にも辛い時期。でもそんなのお構いなしに出産したら赤ちゃん中心、赤ちゃん優先の生活が始まります。

全部が上手くいかなくて当然。イライラしても母親としてダメなんてことはありません。

赤ちゃんがいる生活に慣れるまで時間が必要です。

母の一言がきっかけで気持ちに変化が

赤ちゃんとの生活がスタートして2週間ほど経ったとき。

身の回りのお世話をしに来てくれていた母が、寝たくても寝れなくて泣いている娘に「寝たいのに寝れなくて可哀想だね〜」と言いました。

そうだ、赤ちゃんだって突然外の世界に出てきて頑張って泣いて泣いて毎日成長してるんだよなと思いました。

そうしたら、まだ言葉は話せない赤ちゃんだけど「泣く」が「ママー!」って言っているように思えて更に愛おしくなりました。

その日をきっかけに娘が泣くとママが必要とされている!と感じて気持ちが穏やかに。

母の「可哀想」という言葉で考え方を変えることができました。

赤ちゃんは自分では何もできなくて泣いて訴えることしかできない。今は喋れないから泣くという行為だけど、もし話せるとしたらなんて言ってるかな?と考えてみてください。

おわりに

今では娘が泣いたとき抱っこで泣き止むと「あぁ〜安心してくれたんだな〜」とほっこりした気持ちになります。腕の中ですやすや寝てる寝顔にもうメロメロです。

最初は色んなことが思い通りにならなくてイライラしても、母親として失格とか自分を責める必要はありません!

ABOUT ME
あめこ
あめこ
田舎で気ままに育児中のマイペース母。娘を寝かせたら甘いもの片手に海外ドラマを見るのが夜の楽しみ。 「なるようになるさ!」と明るく過ごせるように心がけています。